2017/10/21 16:46

こんにちは。

お久しぶりです。

ロンボクのみどりです。 

 

8-9月の日本への一時帰国をへて、
昨日は久しぶりにコーヒー農園へ。


一時帰国の際にいただいた、

ホンジュラスのコーヒーをもって、


当店のLOMBOK COFFEE SAMA-SAMAの生産者や焙煎者たちと

飲み比べてきましたよ~。

 

▼どれどれ~?

 


 

このコーヒーをプレゼントしてくださったのは、Kさん。
コーヒーは、Kさんご自身の勤めるコーヒー店の一品です。

そのお店は生産者さんをとても大切にしてらっしゃるのが、Kさんのお話を伺っているだけでもよくわかります。


「生産者はホンジュラスの貧しい地域の人々なの。でもとてもいい豆を育ててるんですよ~。」


そうかぁ。それはこちらの農家さんの刺激になるなあ。

LOMBOK COFFEE SAMA-SAMA のコーヒー豆生産者さんにも心を寄せてくださったのが嬉しかったです♡

 

 


「ホンジュラスってどこ?」

「中南米だよ」

 
「おいしいの?」

「まずは飲んでみよう」

 


さて、生産者たちの反応やいかに?

 


▼試飲は三種類

 

 

写真左から、

東ロンボクのアラビカ種(フルウォッシュト)、いただいたコーヒー、現地北ロンボクのロブスタ種。

それぞれブラックと、砂糖をいれたもので飲み比べました~。

 

生産者のお嫁さんのイダさんは、

いただいたコーヒーをちょっと舐めて「これ、アラビカだよね?」


ピンポーン。さすが!

いただいたのはビジャサルチのウォッシュト。

ビジャサルチ種は、アラビカとカフォネラ(ロブスタ)に二分した場合、アラビカに分類されます。

…なんて書いてるけど、

私ももともとコーヒー愛飲家ではないので、調べました。笑

 

北ロンボクの産業局のセプティさんは、

「すっぱいね!」

 

 別の男性(たまたま通りすがった人)は、

「すっぱいなあ~。僕は北ロンボクの砂糖入りが一番おいしいよ」

 


ロンボク島で多く生産されているのはロブスタ種。

酸味がありません。

酸味のあるコーヒーは村の人にとっては珍しいんです。

 


農家さんたちは

「自分たち北ロンボクのロブスタ種とは味が違うけど、

同じアラビカなら東ロンボクのほうがおいしいんじゃない?」

 

▼どう?おいしい??


 

 

まあ、いろいろな感想がでてくる、でてくる!

頼もしいなと思ったのは、

農家さんたちが「ロンボクのコーヒーもいける!」と手応えを感じていたこと。

素晴らしいな~と思いました。

 

 

私たちロンボクの田舎で暮らす人間が

海外からのコーヒーを飲む機会なんてめったにありません。

とっても貴重な機会になりました。

これからも学びや工夫を重ねながら、
ロンボクのコーヒー豆の特徴をいかしたコーヒーを

みなで一緒に作っていきたいと思いました。

あらためて、Kさん、ありがとうございました☆

 

 

当店のフレーバーコーヒーは、  

各風味ともにお米をブレンドしてまろやかな味わいにし、

ショウガやスパイスなどを使用して香りもよく仕上げています。

 

 

コーヒーの酸味が苦手な方や、

強い刺激はいらないという方にぜひ飲んでいただきたいです。

 

特に、少しずつ寒くなってくるこれからの季節は、

生姜風味がほのかにぽかぽかしておすすめですよ!

 

LOMBOK COFFEE SAMA-SAMA各種は、

ただいま数量限定でお得なポーチ付きで販売しています。

この機会にぜひ、お買い求めくださいませ。

→【おとくなポーチ付き】ロンボクコーヒー生姜風味50g